創業江戸時代享保年間、酒造りひとすじ三百年
品質に誇りを持つめでたいお酒

寿虎屋酒造

豊かな自然に恵まれた紅花の里、高瀬。
良質の米と清冽な水は、酒造りには欠かせないもの。
黄金色に輝く酒造好適米は、蔵王山系の伏流水で仕込まれ、杜氏や蔵人たちの技と酒への熱い心で醸し出される至福の一滴。
創業以来、三百年の歴史が築き上げてきた蔵人の心と、研ぎ澄まされた技。
そのすべてが寿虎屋の酒に生きています。

〜蔵の歴史〜

江戸時代享保年間(西暦1715〜1735年) 創業

昭和15年(1940年)

「虎屋」中興の祖とされる大沼保吉(元 山形市長、山形商工会議所会頭、初代名誉市民)は当時「虎屋」第3工場であった寒河江工場を次男に分家して独立させる(現在の千代寿虎屋株式会社)。
同時に本家を「寿虎屋酒造」と命名する。

蔵の歴史

昭和37年(1962年)

寿虎屋酒造の第2工場に第1工場を併合拡大して山形市中心部の七日町に地下1階地上3階1200坪の新工場を設立する。

蔵の歴史

平成元年(1989年)

1月25日より新規工場にて稼動。
(敷地面積 約6,000坪、建坪 約2,000坪、工費 約18億円、水源 蔵王山系高瀬川伏流地下水(軟水))

〜酒蔵理念〜


1. 日本酒を通じて健康で明るい食文化を目指す
2. 米と水を原点にやすらぎと楽しさを求め、地域に貢献する
3. 会社に携わる誠実な人全ての幸せを実現する



平成元年山形市繁華街より現在地に移転、蔵を一新しました。
伝統の酒造りと近代酒造技術を駆使し、酒質は一段とグレードアップ。
吟醸酒および純米酒には、かけ米を一切使用せずすべて麹米を使用する、全麹使用速醸酒母を使用しております。
大吟醸寿久蔵は、元山形市長であり、名誉市民第一号である八代目・大沼保吉翁が「寿よ久しかれ」と命名した蔵名を冠した鑑評会出品酒です。

酒蔵理念

代表銘柄

〜代表銘柄〜

・三百年の掟やぶり
・霞城壽
・寿久蔵

〜受賞歴〜

純米酒大賞2012 金賞
純米吟醸 霞城寿

平成24年全国新酒鑑評会 金賞
大吟醸 寿久蔵

2012年春季 全国酒類コンクール
2位
 霞城寿 純米吟醸 出羽燦々
6位 霞城寿 山田錦

全米日本酒歓評会 純米酒部門 銀賞
純米 霞城寿(山形セレクション認定商品)


寿虎屋酒造 商品一覧
寿虎屋酒造

醸造元:
寿虎屋酒造

山形市大字中里字北田93-1

隠れた銘酒をお取寄せできる通販サイト